学習用教材貸出                                                                                           

戦時中に実際に使われていた実物資料などを貸し出しています。実物資料には児童・生徒の興味関心を大きく引き出す力があります。間近に見ることで、戦時中の生活や人々の想いを実感することができます。

 学校の長期休業中等、市町村への貸し出しも行っております。詳しくはお電話にてお問い合わせください。

1-5-05.png

  実物資料関係(資料保存のため一部複製も含まれます。)       

​ちいちゃんセット

201303270823014967.jpg

 「ちいちゃんのかげおくり」(あまんきみこ作)の物語と関連する実物資料と写真パネルです。上記の写真は、実物資料と写真パネルの両方を申し込んだ場合のものです。
 
写真パネルは、B2判アルミフレーム(10枚)・ラミネート加工(10枚)がご用意してあります。

​一つの花・出征セット

201303270822194685.jpg

    兵士が身につけていた衣服や戦地に行く兵士のために作った「千人針」などの実物資料がセットになっています。
 

スクリーンショット 2021-03-03 13.48.39.png
 ちいちゃんセットの写真パネルは実物資料とは別途に申し込みが必要です。
スクリーンショット 2021-03-03 13.43.42.png

・資料は各3つずつセットのご用意がございます。

・ご利用する日が決まりましたら早めに予約をお願いいたします。

資料は、縦44x横63x高さ44cmの箱の中に収納してあります。

 ・資料は当時使用されていた実物資料ですので、取り扱いには充分に留意してください。

 ・利用期間は一週間以内でお願いします。

  映像資料(DVD・VHS)                      

最後の空襲くまがや(30分)

201305200539306308.jpg

このアニメーション映画は、平成5年度に戦争を知らない子ども達に、戦争の本当の姿を知っていただくために、埼玉ピースミュージアムが企画制作したものです。
 1945年8月14日夜、第二次世界大戦最後の空襲(くうしゅう)を終戦前夜に受けた熊谷市の惨劇を、当時の記録、体験者の話や手記を忠実に参照して描いた短編アニメーションです。

201801231554123405.jpg

青い目の人形物語(35分)

青い目の人形_page-0001.jpg

   1995年は、第二次世界大戦が終結して50年という節目の年にあたります。埼玉県では、これを機会に、戦争の悲惨さを改めて心に刻み、恒久平和への決意を新たにするとともに、平和なふるさと埼玉と世界の平和の実現に向けて、埼玉県としてふさわしい記念事業を実施することといたしました。このオリジナルアニメーション映画「青い目の人形物語」の制作はその一つです。

201801231556493764.jpg
戦争体験証言者ビデオのPDFはこちら→

  写真パネル                            

201903201654595987.JPG

1テーマごとに、約10枚の写真パネルが1つの桐の箱に納められています。
原則的に貸出しは箱単位となります。

(箱の大きさは、横71x縦40x高58cmのふた付き桐箱となります)
パネル写真の複写は、著作権保護のため絶対に行わないでください。  

​写真パネルのPDFはこちら→

  学習用教材貸出の申し込みについて                 

1 利用方法:まずはお電話でお問い合わせください。【仮予約】

 

2 貸出期間:原則として1週間の貸出になります。

 

3 利用方法:借り受けも返却も直接手渡しとなります。郵送はできません。

                 授業中は教師が資料やパネルを提示する(見せる)形でご活用ください。

                 児童生徒には触れさせないようお願いします。

4 提出書類:仮予約後、ホームページから申請書をダウンロードして必要事項を記入して、メールかFAXにてお送りください。

 

5 そ の 他 :学習用教材の貸出は原則埼玉県内の学校限定です。

                  通年で実施していますが、毎年4月1日から受け付けます。

                  例年9〜12月はご依頼が集中する時期となります。

                  早めにお電話いただくか、時期をずらしてご依頼ください。

53-1-16.png